scroll

秋の大祭(唐津くんち)

唐津くんちの由来・歴史

「唐津くんち」とは唐津神社の秋季例大祭(しゅうきれいたいさい)の事をいいます。くんちとは「供日(くにち)」が九州の方言で訛ったものとも言われ、九州北部地方では秋祭りの事を「くんち」と呼ぶ地域が多くあります。お供えの日と書くことから、秋の実りを神様にお供えして五穀豊穣に感謝するお祭りであることがわかります。(諸説あります)
 唐津くんちの御神輿の渡御は江戸時代の寛文年間(1661~1673)頃に始まったと伝えられております。曳山は御神輿にお供して神様を警護する目的で造られました。現在伝わる曳山が誕生したのは氏子町の一つである刀町が赤獅子を文政2年(1819)に唐津神社へ奉納したのが始まりで、それ以後明治9年まで57年の間に15台の曳山が製作され、その内一台が明治中期に損滅し、現在14台が現存しています。
製作には3年前後を費やしたと言われ、木組み・粘土で原形をつくりその上から和紙を数百回張り重ね、麻布を張り、漆を塗り重ね、金銀を施して仕上げたものです。1台あたりの重さは2~4トンあり、1台あたり曳き子200~400人で曳いています。 曳山は昭和33年に佐賀県の重要有形民俗文化財に指定され、唐津くんちの曳山行事として昭和55年に国指定重要無形民俗文化財に指定されています。
祭礼日/毎年11月2日・3日・4日
ところ/佐賀県唐津市・唐津神社周辺
・11月2日「宵山」唐津市大手口19:30出発  提灯の灯りに照らされた14台の曳山が唐津の城下町を廻ります。 19:30火矢の合図で唐津市大手口より一番曳山「赤獅子」が出発。途中で各町が建制順に合流しながら巡行した後、22:00頃に唐津神社前に整列します。 ・11月3日「お旅所神幸」唐津神社前9:30出発  この日の朝5:00、唐津神社と所縁のある神田地区の青年達が神前にて獅子舞を奉納し、邪気を清祓います。口元をカブカブと動かすところから「カブカブ獅子」と呼ばれています。 9:30を回ると御神輿にお遷りになった大神様は唐津神社を出発され、顕現なされた西の浜へ曳山を従えながら町中を巡幸されます。正午には唐津くんち最大の祭事であるお旅所祭が斎行されます。曳山の車輪が砂地に食い込みながらも曳子衆が懸命に曳山を曳く姿は大勢の見物客を魅了します。   ・11月4日「町廻り」(翌日祭)唐津神社前10:00出発  翌日祭では御神輿は出ず、曳き子と曳山が町中を巡行します。夕刻には唐津神社横の曳山展示場へ曳き納められ、曳き子達は曳山との別れを惜しみます。曳山は来年まで眠りにつきます。


【唐津くんちの曳山行事】国・重要無形民俗文化財(昭和55年1月28日指定)
【唐 津 曳 山14台】県・重要有形民俗文化財(昭和33年1月23日指定)
【唐津神祭行列図・富野淇(とみのき)園(えん)作】市文化財(重要民俗資料)(昭和47年9月1日指定)
【唐津くんちの曳山行事を含む日本の山・鉾・屋台行事33団体】
ユネスコ無形文化遺産(平成28年12月1日指定)

曳山

  • 赤獅子
    刀町 赤獅子
    1819年・文政2年
    刀町の石崎嘉兵衛がお伊勢参りの帰りに京都に立ち寄った際に京都祇園祭りの山鉾を見物、それをヒントに赤獅子を制作したといわれる。祭礼につきものの悪霊払いの先陣として獅子舞の頭が選ばれたと考えられている。
  • 青獅子
    中町 青獅子
    1824年・文政7年
    一番曳山「赤獅子」から遅れること5年後に青獅子は制作されている。また「赤獅子」に引き続き獅子頭を題材にしたのは、獅子舞は雌雄対になっていることから獅子頭を選んだともいわれるが確かではない。
  • 亀と浦島太郎
    材木町 亀と浦島太郎
    1841年・天保12年
    「亀と浦島太郎」は、当初「亀と宝珠」であった説がある。「亀と宝珠」の姿は「唐津神祭行列図」で見ることができる。地元には、熊本県八代市の「八代妙見祭」の神輿に供奉している亀蛇(きだ)に着目したとか、鹿島明神が早亀という亀に乗って上陸したところだからという説がある。
  • 源義経の兜
    呉服町 源義経の兜
    1844年・天保15年
    兜形として最初に作られたもので、当時、町内に具足屋(ぐそくや)があり兜に詳しく熱心であったためと言い伝えられている。祭礼において神輿を警護する武者の姿を意味したものと考えられる。
  • 鯛
    魚屋町
    1845年・弘化2年
    唐津曳山屈指の造形とされる「鯛」は弘化二年(1845)の制作である。制作の理由として、魚屋町であり、魚の代表として選ばれたとか、神へのお供えものとして鯛が選ばれたなどといわれている。
  • 鳳凰丸
    大石町 鳳凰丸
    1846年・弘化3年
    曳山の中でも大型のものが船形で、二台あるもののひとつとなっている。鳳凰はめでたい時に出現する霊鳥である。雄が「鳳」、雌が「凰」というそうである。選定した理由として、唐津で最も大商人が多く裕福な町であったので、豪華な曳山が選ばれたとか、京都祇園の船鉾を参考したとか、お目出度いものが選ばれ、古代貴族の船遊びの船に龍・鳳凰がありこれを参考にしたともいわれている。
  • 飛龍
    新町 飛龍
    1846年・弘化3年
    新町が「飛龍」を題材に選んだ理由について、当時、京都南禅寺に唐津中里家の日羅坊という人を訪ねて、新町の醤油業岡口屋前川仁兵衛と酒屋の石田屋伊右衛門の二人が立ち寄り、寺の障壁画を見て感激し、それをモデルに曳山を制作したといわれる。
  • 金獅子
    本町 金獅子
    1847年・弘化4年
    本町の「金獅子」は四台ある獅子頭の一つで、形態は「枝分かれ一本角」の雄獅子形をとり、「垂れた伏せ耳」の赤獅子形をとるものである。幅3.2m、奥行き2.6mと獅子頭では最大の大きさであり、獅子頭では全国一のものと考えられている。
  • 武田信玄の兜
    木綿町 武田信玄の兜
    1864年・元治元年
    兜曳山としては、二番目に作られたもので、以後続く三台の兜山は、木綿町、平野町、米屋町が協議して決めたともいわれている。題材は武者絵もしくは軍記物からきたものと考えられる。
  • 上杉謙信の兜
    平野町 上杉謙信の兜
    1864年・元治元年
    平野町の「上杉謙信の兜」も、木綿町の「武田信玄の兜」に対抗して制作されたといわれているが、詳しいことは伝わっていない。上杉謙信の兜を制作するにあたっては、浮世絵や歌舞伎、人形浄瑠璃などで知られていた絵柄を基にしたと考えられる。
  • 酒呑童子と源頼光の兜
    米屋町 酒呑童子と源頼光の兜
    1869年・明治2年
    木綿町、平野町に続いて作られた兜曳山である。題材は「大江山鬼退治」の場面で、「切られた酒呑童子の首が源頼光の兜鉢に食らいついた」様子を造形している。江戸時代初期から歌舞伎や人形浄瑠璃のひとつとして、この「大江山酒呑童子」が演じられ、人気を博するようになった制作時の背景がある。
  • 珠取獅子
    京町 珠取獅子
    1869年・明治2年
    記録では、細工人富野淇園によるもので、図柄の選択については、町内の長門屋に伝えられていた唐津焼の「珠取獅子」をモデルとした。珠取獅子の原形は「牡丹と獅子」の図柄にあるともいわれる。
  • 鯱
    水主町
    1876年・明治9年
    幕末~明治初期にかけ水主町の若者の風紀がたいへん乱れており、この風紀を正すため、町の役方が話し合い人心収攬(じんしんしゅうらん)をはかろうとの思いで曳山を造り奉納したと伝わる。海と水に所縁ある町名に因み「鯱」を題材にしたと伝わる。
  • 七宝丸
    江川町 七宝丸
    1876年・明治9年
    明治九年(1876)に「七宝丸」が制作される際に題材を選んだ理由について、町には曳山制作関係者が大石町在住であったので、大石町の曳山と対になる船形となったという話が残っている。